車検切れ 鹿児島|車が安い!下取りが高い!車検が早い!ロータスハシグチ

TEL.099-230-0705

車検切れ 鹿児島

うっかりしていて車検切れになってしまったという場合、かなりピンチですね。
ロータスハシグチにも、どうすればよいかというお問い合わせが鹿児島県内から来る事があります。

車検切れの車は、それだけで違法なのかと言うとそういうわけではありません。

持っている車の車検が切れても乗らずに放置しているだけなら問題はなく、車検の有効期限が切れた車で公道を走ると、大変な違法行為になります。

つまり、違法なのは「車検切れの車を走行する」ということで、それには当然罰則もあります。

車検切れの車を走らせるのは、「道路運送車両法」の「無車検車運行」という違反になります。

違反点数は6点、30万円以下の罰金です。

当然軽い罰則ではありませんが、それ以上に車検が切れている車に乗ること自体、とても危険なことです。

ほとんどの場合、自賠責保険も切れていますから、それはまた「自動車損害賠償保障法違反」という罪になります。

こちらは違反点数6点、50万円以下の罰金になります。

両方合わせれば違反点数12点、90日の免許停止に該当します。

車検切れの車を運転して免停・・・そんな事態だけは絶対に避けなければいけません。

当然、自動車保険が無効なので、万が一の事故があれば補償も一切されません。

それでは車検切れの車を車検に出すにはどうしたら良いかというと、いくつか手段があります。

まず、キャリアカーで搬送して車検場まで運ぶ方法。

公道を走れない車を運ぶとなれば、車を載せるトラックで運ぶしかありません。

ただこれはかなりの搬送費用がかかりますので個人で選択するのはお勧めできない方法です。

お勧めなのは、各都道府県の役場で仮ナンバーを発行してもらい、それをつけて車検場まで乗り付けるという方法です。

まず自賠責保険に加入して、市役所や区役所で仮ナンバーを取得し、車検場で車検に通してから仮ナンバー返却するという流れになります。

自賠責保険は強制加入の義務がありますから、まずは自賠責保険が切れているかいないかを確認して、切れていれば加入しましょう。

自賠責保険はインターネットから申し込んでも、車を取り扱う業者から申し込んでも変わりません。

次に、自賠責保険証と切れてしまった車検証を持って、住んでいる地域を管轄する役場の市民課に行きます。

窓口で仮ナンバーを申請すれば、5日間程度有効になる仮ナンバーと運行許可証をその場で発行してくれます。

これをクルマの前後に装着すれば、合法的に公道を走れる車になります。

無事、車検を終えたら仮ナンバーと運行許可証を市役所に返却しましょう。
これで終了です。