車検 通らない場合|車が安い!下取りが高い!車検が早い!ロータスハシグチ

TEL.099-230-0705

車検 通らない場合

車検は定期的にやって来る、出費がコワイお約束です。
でもそれは、すんなり車検が通るという大前提の元でのこと。

もし自分の車が車検に通らない場合はどうなるのか、考えてみたことはあるでしょうか。
別に改造もしていないし、純正で乗っているだけなのに車検に通らないなんてどういう事だ!?という状況になったらあまりにもショックですよね。

ところが意外な盲点もあるので、思いもかけず車検に通らない場合についても是非知っておきましょう。

・汚れている
えっ!?車が汚れているから!?
実は、車の性能が正常なのか異常なのか、判断すらできないほど車が汚れている場合、検査官によっては車検を不合格にする場合があります。

不合格、というか、出直し!という感じでしょうか。

もしくは、エンジンルーム内がオイルで汚れている場合、これはオイル漏れと判断される可能性が高く、不合格項目になります。

・発煙筒が無い!
忘れがちなのが発煙筒です。
助手席の足元にあるはずですが、故障した時やタイヤ交換をする時などに使ってしまって忘れていたなんてことがあると、車検には通りません。

そしてもう一つが期限切れです。
「えっ!発煙筒に期限なんてあるの!?」という人、要注意です。

賞味期限ではありませんが、発煙筒には有効期限があるので、それも注意して下さい。
カーショップには売っていますので、準備しておきましょう。
もちろん、ロータスハシグチにもご用意ございます。

・シフトパターン表示が無い!?
こちらはマニュアル車にある問題ですが、シフトノブを交換したような場合、シフトパターンが表示されていないという問題が起こる場合があります。
これは車検はNG。

シフトパターンを手描きするか、シールを自分で貼ったりする方法で対応しましょう。

・タイヤの溝
これも多い例ですが、タイヤが丸坊主では車検は通りません。
溝の深さは1.6㎜以上残っていないとNGです。

スリップサインが出ていないか、自分で確認しておきましょう。

・反則金未納
まさかとは思いますが、駐禁などを取られてそのまま放置してあるなどという人、スピード違反の反則金が未納だという人など、払うべき罰金を払っていない人は車検に通りません。

事前にちゃんと納付を済ませましょうね。

・警告灯不点灯
エンジンを始動すると、すべての警告灯が直後に点灯しなければいけません。
どこかが切れていたら車検が通りません。

・ステッカー等
自分の車を装飾したい気持ちはわからなくもないですが、フロントガラスには点検ステッカー以外、貼ってはいけません。
中には期限切れの点検ステッカーでNGを食らったという例も。

・ヘッドレスト無し
ヘッドレストは車の必要備品なので、スポンと抜けたままの状態では車検は通りませんよ。

・ウォッシャー液切れ
実はウォッシャー液がちゃんと出ないと車検が通りません。
そんな事で?と思うかもしれませんが、ちゃんと補給が必要です。

・クラクションが鳴らない?
クラクションは、通常通り安全運転を行っていればあまり鳴らす機会はないかもしれません。

もちろん鳴らないと車検には通りません。ハンドルやクラクション交換を行って配線不具合等のよほどのトラブルがない限り鳴るはずですが、気になったら一度周囲の状況を確認してからチェックしてみて下さいね。