車検 法定点検|車が安い!下取りが高い!車検が早い!ロータスハシグチ

TEL.099-230-0705

車検 法定点検

車検というものと、法定点検というものとがあります。

「え?同じじゃないの?」という人、混同してしまっていますね。
車検と法定点検の違いについてまとめてみましょう。

・車検と法定点検の違い
車検と法定点検とでは、概念が違います。

車検というのは、公道を走るために必要な資格です。
車検証がなければどんな車でも公道を走ってはいけないのです。

例え、昨日まで快適に走っていた車でも、車検が切れた瞬間からそれは「車」では無くなります。
乗れば犯罪ですから、うっかり切れてしまったとしても、そのまま乗ることは出来ません。

一方、法定点検というのは、車が安全に走行するために必要な検査です。

法定点検を受けていないからと言って、乗って公道を走っても罪にはなりませんが、逆に言うと車検よりも重要な面もあります。

車検に通った車が翌日故障する場合もあり、法定点検を行わないと安全性は確保されません。
両方揃ってこそ車として走れるというわけなのです。

・法定点検とは
車検は知っている人が多いと思いますので、法定点検についてあらためてご紹介しましょう。

法定点検には12ヶ月点検と24ヶ月点検とがあり、新車を購入して1年で点検した後、2年ごとの点検になります。

法定点検の項目は100項目近くあり、点検記録簿に状態や整備内容が記録されます。

新車購入1年後だけは別として、その後は車検と同時期にサイクルが来るので、通常は車検と同時に業者にお願いする人が多いですね。

必要であれば部品交換なども行い、安全に走れる保障を受けることになります。
ロータスハシグチでは車検時にきめ細やかなチェックを行います。次の車検までの間、問題なく走行できるように隅々まで必要な整備をさせていただきます。

・罰則はないけれど・・・
実は法定点検が今ひとつメジャーではないのは、法定点検は一応義務規定としておきながら、罰則がないのです。

法定点検していない車で公道を走っても、罰を受けることはないのですが、だからと言って安全性が確認されていない車で公道を走るなんて、とんでもなくコワイことです。

面倒だという人は、ロータスハシグチのマッハ車検で、車検時にきめ細やかなチェックを受けて下さい。

検査項目は100項目以上ですし、すべて細かく状況をご説明しますので安心していただけます。

いくら罰則がないとは言え、整備不良で事故が起これば罰則以上のダメージです。

命に関わる罰則になってしまわないように、是非車をチェックして下さいね。