車検 費用 外車|車が安い!下取りが高い!車検が早い!ロータスハシグチ

TEL.099-230-0705

車検 費用 外車

自動車免許を取ったからには、1度でいいから外車に乗ってみたい・・・という夢を持っていらっしゃる方もいるでしょう。
また、その夢を実現なさった方もいらっしゃるでしょう。
もちろん日本は国産車も素晴らしいですが、外車にはまた違った魅力があるのも確かです。
でも、「外車は車検費用が高いからな・・・」と敬遠されている方もたまに見かけます。
どうして外車は車検費用が高いんでしょうか?

輸入車は、ほとんどの業者で車検の基本料金が割高になっていることが多いです。
特に車検においての点検項目が違うわけでもないのに何故かと疑問に思うオーナーさんも多いでしょう。
ただ、輸入車は交換部品の点数が多く、交換頻度も高いのです。
輸入車は、日本の国産車ほど実は性能が高くありません。
国産車のように10年15年となんら問題なく走行出来る車はさほど多くありません。
故障の頻度が高いために定期的な交換部品も多くなり、車検ごとに交換しなければ安全性が保てないものもあります。
例えば、ブレーキローターなど、国産車ではまず交換しませんが、輸入車の場合には車検ごとに交換になるのは珍しいことではありません。

しかも輸入車の部品代はそもそもが高いです。
調達コストも乗って来ますし、管理維持費もあります。
そして特殊な工具を必要としたり、特殊な設備を必要とする輸入車も中にはあります。
そうしたことから、輸入車はディーラーにお任せで定期的なメンテナンスと車検とを受けている人のほうが多いのです。

ディーラーは、新型車が出るたびに研修を受けていますし、営業も整備士も勉強して講義を受けているのが一般的です。
そうした研修コストが乗っているということもありますが、それだけ安心して信頼度の高いメンテナンスが受けられるということでもあります。

あってはいけないことですが、整備の失敗や整備項目の漏れなどがあったら大変なことですから、信頼性の面でディーラー車検を選ぶのは正しい選択とも言えます。

ディーラーには専門工場がありますし、精密検査も受けられるからです。
ちょうど、腕時計の電池交換を家電量販店で行うか、メーカーへ送り返して細かいメンテナンスを受けるかの違いに似ているかもしれませんね。

それでもどうしても安く済ませたいのだ、というオーナーさんは、輸入車の車検も安く行っている車検場を探すと良いでしょう。
輸入車専用の診断機などを導入している車検場もあります。
ただ、年式や走行距離によっては整備困難と判断され、ディーラー車検を勧められるケースもあります。