車検 前倒し|車が安い!下取りが高い!車検が早い!ロータスハシグチ

TEL.099-230-0705

車検 前倒し

車検は切れてしまったら大変、期日を守って切れる前にちゃんと受けないと・・・と思っている人は、もちろんたくさんいますよね。
でも非常にシンプルな質問として、「車検は前倒し出来るの?」という疑問があります。

自動車を所有していれば必ず訪れる車検ですが、所有者のスケジュールの都合上、どうしても車検が受けられる時期が限定されてしまう!というケースもあるでしょう。
前倒ししないと他に方法がない、となった場合について、情報をまとめておきましょう。

まず、車検は前倒し出来るの?という疑問についてですが、結論から言うと可能です。
車検は期間オーバーについては厳重な規則がありますが、前倒しする分にはまったく問題なく、所有者が自分の都合で受けたい時に受ければOKです。

ギリギリになって焦るストレスもありませんし、時間的にも気持ち的にも余裕があるのが大きなメリットでしょう。
また、3月・4月は自動車がたくさん売れる時期なので、ちょうどその頃は車検場も混みやすい時期になります。
予約が取れなくて焦る前に、前倒しして受けてしまえば楽ですよね。

ではどうしてみんな期日ギリギリに受けようと狙っているのか?ということになりますよね。
これはひとえに費用的な損得の問題です。

例えば極端な話、車検が残り3ヶ月というところで次の車検を受けたとすると、その3ヶ月分の前回の車検費用は丸々無駄になります。
また、車検は通った期日が起点となるので、当然次の車検の切れる期日も3ヶ月前倒しされることになります。
これはどう考えても損、ということで、みんなギリギリまで車検を受けるのを引っ張ろうとするわけです。

結論として、前倒しするならどうすれば良いかというと、少しでも損を減らすために、期日の1ヶ月以内の範囲で前倒しするのがベストでしょう。
1ヶ月以内であれば、次回の車検が前倒しされることもありません。
どうしても1ヶ月以内では都合がつかない場合は致し方無いですが、デメリットを極力小さくするならそれがベストです。

いずれにしても、「車検は早すぎると受けられない」と思っている人もいるようですが、そこに法的な決まりはありません。
通常有り得ませんが、車検に通った翌日に、また次の車検を受けたいと言えば受けられます。
当然こんなことをすれば、前の日に通った車検は費用も有効期限も全部パーになってしまいますのでこんなことをする人はいませんが、法律上の縛りで出来ないということではない一例です。

愛車の車検お見積り、ご相談はお気軽に「ロータスハシグチ」にご相談ください。