車検 走行距離|車が安い!下取りが高い!車検が早い!ロータスハシグチ

TEL.099-230-0705

車検 走行距離

車検 走行距離車検は大きな出費なので、毎回いくらくらいかかるのか心配になるのは当然のことでしょう。
多くの人が想像するのが、「自動車は古くなればなるほど車検費用は高くなる」というイメージです。
これはそうとも言える部分もありますが、案外そうでもない部分もあります。
車検と年数、そして走行距離との関係をまとめてみましょう。

前述のようなイメージは、昔、10年を超えた車が毎年車検であった時代があるので、あながち間違いというわけではありません。
現在は車の性能アップのために10年以上でも車検は通常通り2年ごとで良くなっていますので、そこが大きく変化した点です。
確かに毎年車検を受けなければいけないとなると、単純計算で車検費用が倍になるのと同じ事になります。
これはいきなり高額出費になりますから、昔は10年で廃車という流れが一般的でしたね。
現在、毎年車検を受ける義務がある自動車は、タクシーやバスなどです。
一般的な自家用車は年数によって費用が高くなるようなことはありません。

一方で、部品交換による出費に関しては当然古いほうが発生する確率が高くなります。
また、どれくらい使われたかというのが交換の目安になりますから、ここで関係して来るのが走行距離です。
走行距離で交換すべき部品の代表格はバッテリーやLLCなどですが、走れば走るほど消耗度合いが高くなるので、交換タイミングを判断する要素となります。
だから、いくら年式が古くても、走行距離が少なければ費用が発生する可能性が低いですし、新しいものでもとても良く使われている自動車であれば車検費用が高くなることは特に珍しいことではありません。

車検 走行距離走行距離に関しては、特に中古車を購入する時にチェックする項目となりますが、選ぶ時には年数よりも走行距離のほうが重要になると言われるのはこうした観点からです。
ただし、あまりにも走行距離に神経質になる必要は実はありません。
というのも、10万キロ走った自動車でも、丁寧に乗っていれば交換すべき部品は意外と少ないからです。
部品自体の価格もそこまで高いものではありませんし、特に日本の国産車ならとても優秀ですから、車検費用が高くつくほど状態が悪化してしまうわけではない場合のほうが多いのです。
走行距離や車の状態を正しく判断するには、やはり自動車の専門家に見てもらって、アドバイスを受けるのが一番。
そうした相談が気軽に出来るところで車検を受けることをオススメします。

お客様にとって嬉しいサービスを提供する。
それが鹿児島ロータスハシグチです!