車検 他県|車が安い!下取りが高い!車検が早い!ロータスハシグチ

TEL.099-230-0705

車検 他県

車検 他県公道を走っている自動車を見ると、他県のナンバーの車も意外に多いものですよね。
こうした自動車は、すべてが旅行者・・・というわけではなく、単身赴任中の人が元のナンバーのまま乗っていたり、引越して来た後も前の県のナンバーのまま乗っていたりするケースが多いものです。
ここで疑問になるのが、そうした他県ナンバーを付けたままの自動車が、現在住んでいる場所で車検を受けられるのか?ということではないでしょうか。
他県ナンバーで車検を受けたいという希望の中には、ちょうど隣の県との境目に住んでいて、どちらか安く受けられるほうで車検を受けたい、というものもありそうですね。
様々な事情もあるでしょうし、もし、わざわざ車検のためだけにナンバープレートの県まで行って車検を受けなければいけないとなれば、これは一大事です。
車検費用だけの話ではなくなってしまいますよね。

でも、そこまで心配される必要はありません。
結論から言うと、他県のナンバープレートを付けていても、継続車検であれば日本全国好きなところで車検を受けることは可能です。

車検 他県ただし、絶対に確認が必要なのが納税証明書です。
納税証明書はいつ届くかというと、自動車を購入した時期に関係なく、毎年春先になります。
自動車には様々な税金がかかりますが、それをきちんと納めていますよ、という証明書を発行出来るのが、ナンバープレートのある県だけなのです。
つまり、納税証明書は他県では発行出来ないということ。
もし手元に見つからないなどということになれば、県外から納税証明書の再発行を申請して、手元に郵送してもらわなければいけません。
ここに日数がかかるので、もし車検が切れる日が迫っているとすれば大変ですね。

だから、住民票は他の県にいる家族のところにあるという人、住民票は移したけれどナンバープレートはそのままという人は、納税証明書の有無をしっかり確認して、保管しておくことが重要。

納付書は、住民票のある住所ではなく、車検証に記載されている住所へ郵送されますので、そこも覚えておいて下さいね。
大事な書類ですので、郵便局で「転送届け」を出して、1年間は新しい住所に郵便物が届くように手配しておくことをオススメします。

ちなみに、名義変更や住所変更は印鑑証明書や住民票などの必要書類を揃えて最寄りの警察署で申請出来ます。
面倒がっているといろいろなことが余計に面倒になるので、日にちを決めて一気に手続きを終えてしまった方がいいですよ。
車検と一緒にも出来ますし、車検業者に依頼すれば代行してもらえることも多いです。


お客様にとって嬉しいサービスを提供する。
それが鹿児島ロータスハシグチです!