ソリオ 鹿児島|車が安い!下取りが高い!車検が早い!ロータスハシグチ

TEL.099-230-0705

ソリオ 鹿児島

ソリオ 鹿児島

スズキ ソリオは新型が出たばかり、もちろん早速購入して、すでに鹿児島じゅうを乗り回している人もいますよね? どんな車か興味津々という人ももちろん多いと思いますが、実は誤解がある場合が多いので先に言っておきますと、ソリオは5ナンバーの登録車であり、軽自動車ではありません!
見た目がスズキのトールワゴンそのものなのでどうしても誤解してしまいがちなんですが、有料道路をソリオで走ったら、普通車の区分ですからお間違いのないように。
軽自動車で内部スペースを最大限活かすノウハウを培ったスズキが作る普通車ですから、実は社内の広さは抜群なのです。

さて、ソリオにはバンディットという兄弟車があるのですが、2015年8月のモデルチェンジで、この兄弟車は明確にイメージの違いを打ち出して来ました。
ソリオにはスズキが主流とする軽自動車のイメージがあるのでパッと見気づかない人も多いのですが、1.3Lの5ナンバー登録車です。
つまり、軽の制限が無いわけですから、思う存分空間が利用できるということ。
まず最初に気づくのは、見た目からは想像できないくらいの社内の広さでしょう。 でも目に見える所だけでなく、ソリオには技術がギッシリ詰まっています。

特にソリオに搭載されたハイブリッドは独自のもので、「マイルドハイブリッド」と呼ばれるものです。 何がマイルドかと言うと、本格派ハイブリッドのマイナス面をうまく回避した、まさにマイルドな作りが売りの技術。

ハイブリッドにはいい面もあれば悪い面もあり、特にバッテリーの重量や寿命、メンテナンスなどの問題は決して無視はできません。 当然重量増が相当に高くなるので、いざとなると「なんとかならないものか」と言いたくなる部分もあるのです。

確かに素晴らしい技術ですが、走行条件によっては補助金があっても元が取れないのでは?という場合があるのも確か。 こうしたのハイブリッドの欠点を回避して、モーターアシストのメリットだけをうまく活かせないか?と考え出されたのがマイルドハイブリッドなのです。
結論から言えば機能制限版ハイブリッドで、スズキが編み出したS-エネチャージです。

S-エネチャージは非常に好評な技術で、要らない機能を捨てたマイルドなハイブリッド。
ハイブリッドシステム自体を簡素化することで、過度な重量増を回避し、従来のパーツも軽量化出来た技術の塊なのです。 この特徴を活かすために新世代プラットフォームを採用した新型ソリオ、実はすでに「使い勝手が良すぎる!」という声がユーザーの方々から挙がっています。

これを読んでさらに興味津々となったあなた、ロータスハシグチでお待ちしてますね!

お客様にとって嬉しいサービスを提供する。
それが鹿児島ロータスハシグチです!